音痴克服!オヤジの音痴矯正法!?

今日は音痴克服・音痴矯正法について、ちょっとした小ネタを一つご紹介します。

役に立つかどうかは別の話です。

今日の方法で、音痴を克服できるとは思えませんし、まったく現実的ではない方法です。

でも、今後のために知っておいて損はないと思います。


あれは、ぼくがまだ結婚するちょっと前の、22〜23歳くらいの頃のお話です。

ぼくの父親は現役の時、居酒屋を経営していました。

今は年齢と不景気を理由に、引退しています。


ある日彼女(今の妻)を連れて父親の店に行くと、父親が客のいない店の片隅で、まっずぐな姿勢で仁王立ちし、正面をにらむように見つめながら口を大きく開けて、この世のものとは思えないアホ面で、大きな裏声で、

ほぉ〜っ、ほぉ〜っ、ほぉ〜っ

って叫んでるんです。


実際、自分の父親がこんな事してる所を目撃しちゃったら、がっかりしますよ。


ぼくの横で爆笑する妻。

そしてぼくは、「あまりにも店が儲からなくて、頭がイカレてしまったのでは?」とやや本気で心配してしまいました。

すると父親は、ぼくが生まれてから二十数年の間見せた事のないような、さわやかな笑顔で

「バカにするなお前ら〜、こうやったら音痴が治るんだぞ〜」

なんて事を、恥ずかしくもなくのたまったのです。

ちなみにぼくの父親、シャレにならないほどの音痴だったんです。

いや、きっと今でも音痴です。

しばらく一緒にカラオケには行ってないので分かりませんが、間違いないと思います。

おそらく、ぼくが音痴だったのも、彼の血のおかげだろうと思います。


そしてこの方法、妻に笑われたのが実は悔しかったのか、それ以来やってる所を見てません。

なので、この方法が音痴矯正に有効かどうかは分かりません。


でもこれ、とても理にかなった方法だったようです。

以前もご紹介しましたが、音痴にはいくつかの種類があります。

その大半が、歌う事に慣れてないがための音痴なんです。

詳しくはこちら↓
音痴克服でカラオケでモテるための音痴矯正法
このあたりにそんな感じの事が書いてると思います。

歌う時には、声帯を使う事によって、声をコントロールします。

そして、その声帯を鍛えるには、大きな声で裏声を出す事が、とても有効なんだそうです。

それによって、自分の出す声を調整できるようになれば、大半の方の音痴が矯正できると言う事ですね。


どうですか?
あなたも大声で、ほぉ〜っ、ほぉ〜っ、ってやってみては。


いや、嘘です。

やめましょう。

これこそ、人に見られたらモテませんから・・・。

さらに、大声を出すと言う時点で、ほとんどの方が日常生活上厳しいのではないでしょうか?

まさに現実味のない練習方法です。


でも、これを知っておいて、事あるごとに裏声を出してみるようにすれば、ちりも積もればなんとかってやつで、気が付けば大きな成果になる可能性はあるかも知れませんよ。

ついでに、裏声のコントロールも出来るようになったりして。


ただ練習するだけじゃダメです。

こう言う事を知っておいて、上達するように意識して練習しないと、上達はできません。

でも、今回のネタは、いくら何でもくだらなすぎましたかね・・・。

こちらもどうぞ>>音痴克服!音痴矯正!誰にもバレずに歌が上手になる
カラオケでびっくりされちゃうモテる歌の上達法マニュアル<<
posted by 土門大輔 | 歌モテトレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。