音痴克服矯正!モテる歌の上達法その18

音痴克服・音痴矯正の続きです。

音痴克服・音痴矯正の記事はひさしぶりですね。

念のため、前回の音痴克服矯正法を読み返してみて下さい。

歌が上手になってモテる方法〜音痴克服矯正法4

続けてやってましたか?
忘れちゃいました?

これが、音痴克服・音痴矯正のための基本中の基本です。

でも、これだけが出来ても、まだ活用はできないと思います。

だって、音痴の方が音を取れないのって、
ド→レ→ミ
みたいな、小さな音の上下より、もっと大きな高低差の音だと思うんです。

だから、次はもっと離れた音でやってみましょう。

今日書きたいのはこれだけです。


例えば、ド→レ→ミではなく、

ド→hド→ミ→hド→ソ→hド

※hドとは、1オクターブ上の「ド」って意味です。
通常、ドレミは、CDEと表されるので、1オクターブ上のCで、hiCとかって書きます。
Hi-Cってジュース、まだ売ってるんでしょうか?
そんな事はどうでもいいし、分かりにくいので、hドにしときます。


ってやるとか、難しい音の変化に挑戦してもらいたいんです。

いきなり↑のだと厳しいかも知れないので、

ド→ミ→ソ→hド

で、

ド→ソ→hド

とかって、段階を踏んで難しくして行った方が良いと思います。

ある程度慣れたら、

ド→hレ→ラ→hミ→ミ→hド

とか、ランダムな音でやってみましょう。


それが、どの音でも出来るようになったら、今度は、一回一回音を伸ばして確認するのではなく、一通りのパターンを楽器で出した後、声で同じようにやってみましょう。

その際、必ず録音しましょうね。

携帯でいいですから。


これが出来るようになれば、もうあなたは音痴とは言いませんよ。

音痴克服・音痴矯正完了です。

後は、感覚に覚えさせるだけです。

繰り返し、繰り返し、できるまでやりましょう。

出来れば、大きな声を出してやりましょう。


ご近所やご家族に聞こえてしまって恥ずかしいと言う事であれば、小さい声でもいいです。

たまにどこか大きな声を出せる所でやってみましょう。


大丈夫。

できると思えば絶対に音痴克服・音痴矯正できます。

自分を信じましょう♪

何をするにもポジティブが一番!

1日も早くあなたに歌モテな日々が訪れますように。
応援してますよ♪

それでは、またお会いしましょう。

ありがとうございました。

こちらもどうぞ>>音痴克服!音痴矯正!誰にもバレずに歌が上手になる
カラオケでびっくりされちゃうモテる歌の上達法マニュアル<<
posted by 土門大輔 | モテ歌レクチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。